アコード sir。 僕のクルマ暦 ~アコードSiR

だから、アコードの中でも選択肢は決まりきっていた。

Next

プラットフォームを刷新した10代目 1976年の初代モデル発売以来、ホンダを代表するセダンとして、長年にわたり人気を博してきたモデルの10代目。

Next

アメリカでは非常に高い人気を誇る。 誌によると足回りのセッティングにはが関与したとされている。

Next

2009年1月に、ディーゼルエンジンと5速ATを組み合わせたモデルが追加された。 また1997年はTEAM無限HONDAがチームタイトルを獲得している。

Next

なんて。 8VTSに搭載。

Next

0T) 非搭載(ハイブリッド) 電気式無段変速機(日本仕様車) 前: 後: 全長 4,900 mm 全幅 1,860 mm 全高 1,450 mm 2,830 mm 車両重量 1,560kg ハイブリッド方式 () 現地時間の2017年7月14日に、北米で秋の発売が予定されている10代目アコードを発表した。

特にACCは全車速度追従方式へ改善され、インパネ上部のセンターディスプレイに左後方を広く映すLane Watch機能が追加。 7kg 音量アイドリング Idling Exhaust Noise 60dB 60dB 近接排気騒音 4500rpm Proximity Exhaust Noise 82dB 83dB 3000rpm Exhaust Noise 74dB 79dB 5000rpm Exhaust Noise 81dB 89dB 3000rpm〜5000rpm Exhaust Noise 91dB 92dB Road Clearance 地上高 測定車両 - ルーフ高 1375mm(車検証 1420mm) 測定部位 リアマフラー前部 最低地上高 163mm. 0L 直4 DOHC A20A型:2. ボディ構造においては、「次世代ACE(Advanced Compatibility Engineering)ボディー」の採用や、超板・高機能接着剤の適応拡大を行い、シャシーには可変ギアレシオ付きデュアルピニオンEPSとアコードでは初採用となるアダプティブダンパーシステムを採用。 全幅はグレードによってはインスパイアやレジェンドより広くなる。

Next