機 を 見る に 敏。 機を見るに敏|さんよーさん|note

「敏」は「頭の働きや動作が素早いこと」という意味です。

Next

まずその意味をしっかり把握しておきましょう。 「目端が利く」は、いろいろなことに抜け目なく目配りして素早く行動することを表します。 杓子定規 「杓子定規」は「しゃくしじょうぎ」と読みます。

「機を見るに敏」を英語でいうと? ・quick to seize an opportunity. 「機を見るに敏」の例文• ぜひ、状況に合わせて上手に使い分けをしてみて下さい。 「機を見るに敏」それぞれの言葉の意味 「機を見るに敏」の「機」は「ものごとが起こる予兆やきっかけ」「ものごとの大切な部分」また「ものごとの潮時」という意味を持ちます。 またあなたが 「機を見るに敏」なタイプで、その事を自覚している人もいるでしょう。

Next

機を見る敏の機の意味は、物事の大切な部分、物事が起きるきっかけということがあり、何かをするためにちょうどいいタイミングや状況です。

Next

在庫など、いろいろな要因でその波が発生すると言われていますが、人の一生もそんなもんだと思います。 それぞれの言葉の意味からも、全体的なニュアンスが読み取れるのではないでしょうか? 「機を見るに敏」の使い方と例文 「機を見るに敏」はビジネスシーンで頻繁に使われる ビジネスシーンでは、利益や良き縁を生むような素晴らしいチャンスやきっかけが多くあります。 「風向きを見るに敏」は、物事の成り行きや状況変化をよく見て適切に行動している意味になります。

Next

例えば、「就職氷河期を乗り切った彼は機を見るに敏感だった」という使い方はできないので注意しましょう。 ボロボロになるかもしらんし身ぐるみ剥がされるかもしらんけど、きっと僕を騙すなら、人は、遥かに簡単な人らを騙すんじゃないかと思う。 このようにチャンスを逃さず、素早く動いて良い結果を手に入れた時に、 「機を見るに敏」という言葉を使ってみましょう。

Next

「敏」は、「頭や身体が素早く働く様子」「素早く動くこと」「鋭く敏感であること」という意味です。

Next

「機を見るに敏」の由来 「機を見るに敏」の正確な語源は明らかではありませんが、孔子の『論語』に似た意味の記述が見られます。

Next