遠州灘 サーフ。 遠州灘サーフゲームで45cmヒラメ シャロー狙いが奏功【愛知・静岡】 (2021年1月4日)

ベイトとなる小魚はどこにでもいるくらいだけど、捕食側はそれほど大きい奴が居ないため、使うルアーは「8cm以下」からはじめるのがオススメ。

Next

それが、丁度私が投げれる距離の辺りで・・・ 波の向こうに投げて引いてきたいのですが遠投できないと無理です それでも2色の所でアタリがありました。 タックル図 (作図:週刊つりニュース中部版 APC・高木孝) 7時を過ぎると多くのアングラーが帰り、隣との間隔が広くなった7時30分、回遊を待ち続ける私に毎日通っているアングラーが声をかけてきてくれ、「2日間回遊が続いたが、両日とも6時から7時までの間だけですよ」と教えてくれた。

Next

もちろん日中だからこそ、ですが……。 そんなところが気に入っています。 それよりも、この激安ルアーで食わすことができたことも嬉しいです。

Next

あとはに頼るか、個人に尋ねるかしましょう。 先週 豊橋サーフの端から端まで下調べをしたので 熱そうと思われる所に 5:30 サーフIN ここのポイントでは一番乗り。 人間はなるべく「不便」を排除したい心理があります。

Next

とはいっても、自分のルアーローテーションが一周したらワームで底を探ったりします。 時合いは6〜7時 6時30分になると東の空が明るくなり始める。 でも陸側を見てみると…あやしい、あやしすぎるクイ! あからさまに人が立てたクイは、 離岸流の目印の事が多いという。

Next

本物の磯みたいな激流じゃないため、「ぶっ飛び君」のようなシンペンタイプなら全域であらゆる魚を狙うことができます。

Next

上記の写真で言えば、中央部分の波が立たず白くなっている箇所が離岸流だ。 これは個人的な考えだが表層付近を通るイワシやアジなどとの距離を近くし捕食しやくするためだと思う。

Next