帆 風 千春 卒業。 「22/7」リーダーの帆風千春 2・28ライブで卒業「声優として新たなステップに進みたい」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

絶対人気になると思うんだけどな。 メンバーからも、これが最後なんだと思いながらライブしてるのがめちゃくちゃ感じられた。 最後の曲が終わり、会場が暗転してアンコール。

Next

【ライブレポート】 Overtureで高まる会場に、時を刻む秒針の音が響き「シャンプーの匂いがした」で、この特別な夜の幕が上がる。 ラストのラストは、千春が背中を押してもらった特別な曲だという「空のエメラルド」。 そんな感じで昼公演はさらっと終わった。

Next

度々自分が建前として「キャストとキャラをそれぞれ別々に好きでいたい」と言っていたのは、やはりいつか来るこの時が怖かったからなのでしょう。 声優オタからはアイドルとして見られ、ドルオタからは声優として見られて不遇なポジションでもある。

「パンクゴシック」をコンセプトとする紅組による「雷鳴のDelay」は、真っすぐな歌声の強さが特徴的な6人。

Next

今更やるならなんで最初からやらなかったんだろうとか、これが聴けるのもこれが最後なのか…と複雑な気持ちのほうが大きかった。 でも、れったんと倉岡が戻ってきた。

Next

花川芽衣さんの場合は、体調不良で長期休業していた後での卒業だったため、卒業するのも止むを得ないという雰囲気はあったが、今回の帆風千春さんの卒業に関しては 青天の霹靂で、衝撃的だった。

Next

そしてお正月スペシャルということでメンバーが特別な形で登場! 3月の扉を前に、いち早く、桜舞う春の陽気を連れてきてくれた10人。 Billboard JAPAN 2017年2月28日. お世辞に面白いとは言えず変なアニメだなと思いながらもなぜか全話見た。 詩ちゃんの手紙にはグっときた。

Next

曲にというより、本人たちのパフォーマンスに泣かされた。 また会う日まで!. ナナニジは一応ソニー系だから、ナナニジ自体が解散したあとは、声優志望のメンバーにはアニプレからの仕事が回ってくるんじゃないかと私は思っている。 帆風千春という人物が「もうそんなことにこだわらないんでいいんだよ。