千坂 恭二。 千坂 恭二

1864年設立)にも加盟し、さらにインターナショナルでの活動をとおして自分の影響力を各地に浸透させることまでした。 対立物を摂取して自らをより高次の存在に高めること)しなきゃと思わせるものなんだよ。 千坂恭二『歴史からの黙示』(田畑書店。

Next

そういう神話体系がありさえすればいい。

Next

では戦後のドイツはどうなのか。 エルンスト・ユンガーからこの映画を見る」(『映画芸術』2014年449号) 他、多数。 「上阪と下京」(『現代の眼』1982年12月号)• 武装闘争をしようとしてるような連中は創設の段階で排除しろ、とエンゲルスが指導する。

Next

2015年11月21日に、「トラリー・ナンド」という店だかギャラリーだかイベント・スペースだかでおこなわれ、に掲載された。 外山 それは保守派の天皇観でしょ? 千坂さんのはそれとは違って……。

Next

けだし「ファシズムは理論的・思想的には取るに足らぬ」という暗黙の了解が支配的である所為であろう。 千坂恭二 千坂恭二 本日は、久しぶりに積ん読状態になっているユンガー論の原書の山から、適宜、選んだものを朝から読んでいた。

Next

「エルンスト・ユンガーと文学の誕生」(『メインストリーム』2011年01号)• 「連合赤軍の倫理とその時代」(『情況』2008年6月号)• 廣松は,次のように言う。

Next

K君が来る前にもちょっとその話をしてた。 21歳になったに「独学・独断・独行」の「戦後最年少のイデオローグ」(『』) として編集の『』に映画評論を連載し、『』『』『』『』などでアナキズム論やバクーニン論などの政治思想から文学、芸術について思想を展開。 いったん国家権力を握ったマルクス主義者たちは、ひたすら強権的に反対者を弾圧していて、彼らが権力を手放して国家を死滅させるなんてことはいつまで待ってても起こりそうにない。

Next