モリッツ プロイス。 【ウイイレ2019】パリサンジェルマンの監督と主力選手【トゥヘル/プロイス】

後半83分に、シグルズソンの危なっかしいキープから裏のサイドに抜けたペッレグリが切り替えしてセンタリング、中に入ってきてくれたムバッペがキーパーど正面だったのに、弾いてゴールイン。 なのであえて、片方はウイングストライカーのサラーなんかを入れてサイドに開いたり、ガンガンと中央に切り込んでいけるドリブラーを入れていきたいですね。

Next

かなり珍しい攻撃パターンで慣れない相手は結構戸惑うと思います。 TOP30• フェルナンド・サントス監督のように、前ががってしまったときに、裏に大きなボールを入れられるとかなりキツイ状況におちいります。

Next

【ウイイレアプリ2020】モリッツプロイス トーマス・トゥヘル の戦術とフォーメーション|監督|ゲームエイト 🤔 【4-2-1-3】 ピーチェ プール トップ下が置けて2ボランチで守備も固い ハヨンクンナン トップを3CFに変更可能な監督 【4-1-2-3】 ルイス アルベルト ロマン(グァルディオラ) トップ下に2人置けるポゼッション型。 最新情報• そのため、 マネジメント能力もまずまずの620ありますし、適応力も86とまずまずです。 中央からのカウンターゲキ強! 特徴は、ほぼデシャンと同じです。

Next

モリッツ プロイス 攻略情報 👇 モリッツプロイス監督の詳細 監督 モリッツ プロイス 国籍・地域 ドイツ 在籍情報 パリサンジェルマン 適応力 83 マネージメント能力(初期値) 530 オフェンシブ戦術 トゥヘル — つきご@ウイイレ サッカー tukigo778 攻撃タイプ ポゼッション ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア サイド ポジショニング 流動的 サポート距離 5 守備タイプ フォアチェック 追い込みエリア 中央 プレッシング アグレッシブ ディフェンスラインの高さ 7 コンパクトネス 6 ディフェンシブ戦術 トゥヘルDF — つきご@ウイイレ サッカー tukigo778 攻撃タイプ ポゼッション ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア サイド ポジショニング 流動的 サポート距離 6 守備タイプ フォアチェック 追い込みエリア サイド プレッシング アグレッシブ ディフェンスラインの高さ 5 コンパクトネス 7 モリッツプロイス(トーマス・トゥヘル)監督の特徴 フォーメーションとしての大きな特徴は、 3人のセンターハーフという、独特な配置にあることです。 フォアチェックアグレッシブの守備戦術も利いていて、相手に考えるスキを与えることもありません。 サイドバック、OMF、ウイングで相手のサイドを打開し、アグエロに決めてもらうのが定番の得点パターンです。

Next

そして、守備関連の能力が80程度はほしいところです。 TOP30• TOP30• トゥヘル — つきご@ウイイレ サッカー tukigo778 オフェンシブ戦術としては、注意すべきはディフェンスラインの高さが7ということです。 パスも的確に、トップに当ててくるのでどうしようもないです。

評価4点が最高点で、評価1点が最低点です。 MFの中央:DMFとCMFを選択可能• ただ、このあたりから、サイドバックの守備がやっと効きはじめてました。 個人的には2018のシメオネの「リトリート、サイド、アグレッシブ」のセットが最強だと思ってたんで、今作ウイイレ2019ではどうなるかですね。

私は、 カンテや ゴロヴィンを好んで使っています。 個人的には ディフェンシブ戦術の攻撃タイプの「カウンター」がオススメですね。 常にポジショニングを変えながらショートパスを繋いでゴールを目指す感じです。

Next

現在、代理人、通訳としても活動中。 ポゼッションサッカーの影響も多大にあります。

Next