胆振 管内。 胆振管内、6日連続で2桁 12日は最多の32人-新片コロナ感染者

鵡川町と穂別町が新設合併し、むかわ町が発足。 道が公表している胆振管内4市の感染者数を週別に見ると、4月30日~5月6日は室蘭、登別各1人、伊達ゼロ、苫小牧6人だったが、7~13日には室蘭10人、苫小牧20人と増加。

Next

早来町と追分町が新設合併し、安平町が発足。 改めて「うがいや手洗い、マスク着用、消毒、換気など基本的な感染対策の徹底を」と呼び掛ける。

Next

感染者は計19人となった。 中等症の1人を除き、いずれも入院などに向け調整中。 (平成22年) - 胆振支庁が廃止され、が発足。

Next

室蘭保健所によると、4月30日~5月6日1週間の管内の新規感染者数は31人だったが、7~13日は115人に拡大し、14~20日173人、21~27日168人と高止まり状態が続く。 同園は19日から休園している。 (23年)10月20日 - の施行に基づき支庁は都道府県が条例で任意に設置する総合出先機関となり、北海道支庁設置条例(昭和23年9月27日条例第44号)が施行される(条例で有珠郡、虻田郡豊浦町及び洞爺湖町、白老郡、勇払郡(占冠村を除く)を所轄区域、支庁の位置を室蘭市と定める)。

Next

感染が急拡大した要因について、札幌保健医療大学の小林清一学長は「大型連休に人の流れを抑制できなかったため」と指摘。 感染者の累計は胆振が1469人、日高が212人。

Next

(平成18年) - 大滝村を伊達市に編入。

年代別では10代4人、20代3人、30代3人、40代5人、50代4人、60代1人、70代2人、80代3人、90代2人、年代非公表9人。