翳り ゆく 部屋 エレファント カシマシ。 LIVE REPORT

。 「1月になって曲をいっぱい作って、それをバンドでやって、みんなに聴いてもらおうと練習したんです。 続く「涙を流す男」は昨年10月に出たシングル「ズレてる方がいい」のカップリングだが、レコーディングが終わって間もなく自分が入院した事から暗示的な曲だと思ったのだそうだ。

アンコールでは「友達がいるのさ」と「花男」が演奏され、6人が肩を組んで客に挨拶した。

Next

次も新曲で「偉くなりたくて生きて来た。

Next

これはまさに春を呼びこむような歌だ。 「いい顔してるぜ、エブリバディ」と宮本。 どっしりと腰の据わった演奏はまぎれもなくエレファントカシマシで、再会の喜びが滲み出るメンバーを従えた宮本は以前と変わりない声でしっかりと歌っている。

Next

- 2008年カバーアルバム「」。 つまり、メジャーから姿を消してしまうのです。 百聞は一見にしかず。

Next

楽曲は未定です)• 一糸乱れぬ演奏に大歓声があがる。

Next