屋敷 の 拝み やり方。 屋敷ウガン 自分でやる方法

2のように外芽を残すようにしよう 太い枝を切った後には、市販の癒合剤などを塗っておくと良いでしょう。 また庭の通風や日照といったことも考え合わせて不要な枝を切ったり、形を整える「整枝・剪定」をすることで、病害虫を予防したり強風による枝折れを防いだりすることもできるのです。

Next

ヒヌカン、東西南北、門、トイレと計7セットいりますよ!すごい数です。 1年365日御守り頂き心から感謝しています。 これは「二十四考(昔、中国で、親孝行で有名な24人のこと)」ともとれそうだ。

ヒヌカン・お仏壇・屋敷の神々へのお供え物は それぞれ少しずつ違います。 水神なのでビオトープも置いてます。

Next

節の間で中途半端に切ると、養分が行き渡らず枝先が枯れることがあります。

(8月2日~8月10)12月24日 年に3回 ほとんどの沖縄カレンダーには、記載されてないかと思います。 日が暮れてきた!急いでやらんと! 線香つけて、拝みの言葉を述べて白い半紙を燃やして、お米を3回つまんで撒いてから酒をこぼす! 東はチャイが守り神してますから、もちろん参加! 西へ!西のこの場所はオバーいわく、水神が鎮座しておられるそうで、特に綺麗にしてます。

Next

そのため 旧暦十二月二十四日には、このヤシチヌウグァン(屋敷の御願)を終えた後、 ヒヌカンを掃除して沖縄では「ウグァンヌトゥチ(御願解ち)」を行い、 ヒヌカンをお見送りするのです。 地の神様は地域によってお祭りの仕方が多岐に渡ります。 〔次回 1月23日|屋敷の御願のグイス〕 参考書籍:• 屋敷の御願のお供え物については 絵も含めて別記事でお伝えしていますので、コチラも参考にしてください。

Next

旧暦2月・・・旧暦2月2日〜10日までの都合のいい日に行います。 半分であれば六本の半分で三本、 それぞれ分けて拝してください。 そもそも屋敷のうがんとは、いつ、どのようにしてやればいいのでしょうか? 地域や家庭によっても若干の違いはありますが、ここでは「基本」と言われるものをご紹介します。

Next

地の神様へのお供え 12月15日の例祭には、きれいな器に赤飯を盛り、海山の物をお供えし、腰をかがめて参拝します。 シルカビが燃え尽きたら お酒を掛けて(三滴)、ヤシチヌウグァン(屋敷の御願)は終了です。

Next