パワー バレー ミラノ。 パワーバレー・ミラノ

2016年12月~2017年4月のシーズンに所属したのは、トップバレー・ラティーナ(現在、チーム名はチステルナに改名)。

強豪勢との連戦が続くミラノは次戦、日本時間1月15日午前3時から行なわれる延期となっていた第14節で、4位ヴィボ・ヴァレンティアとアウェーで対戦。 パドヴァの中ではオポジットのエルナンデス選手(全体で3位)に次ぐ2位。

Next

こちらから何かを言おうとするときには言葉に詰まることもありますが、ある程度は伝えられるようになってきたので、そこは過去2回とは違うかなと思います。

Next

石川は10得点(アタック7、ブロック3)を記録して、イタリアでのキャリア6シーズン通算ブロック決定本数100本を達成した。

大学卒業後、日本のVリーグではなくイタリアのプロチームと契約。 2014—15シーズン、パワーバレーは に初めて加入した。 このサイトでは、リーグのスケジュールはもちろん、所属選手のプロフィールや順位表などもすべて日本語で閲覧することができる。

Next

注目すべきは レセプション数(サーブレシーブ)の 422。

この頃になると、石川選手はイタリアでの活躍に手ごたえを感じ始めていたようです。 シーズン途中から合流したこともあって出場機会は限られたが、"世界選抜"とも言うべきスーパースターたちから多くの刺激を受けた。

Next