皆川 優太。 然心塾「塾長日記」: 祝 快挙! 皆川優太ちゃん、勇気を、感動を、ありがとう!

娘の貴子さん(当時39歳)と孫娘の真優ちゃん(同3歳)を失い、心にぽっかり穴が開いた。 崩れていた所がなだらかになり、2人も喜んでいると思う」と述べた。

Next

覚えてるよ」。 送迎のたび、保育園の先生からその日の様子を聞くのが楽しみだ。 「まだ力だけだから、技もかけたい。

Next

将来の夢は「自衛隊。

Next

優太ちゃんは奇跡的に救出されたものの、母親の貴子さん(当時39歳)とお姉ちゃんの真優ちゃん(当時3才)を災害で失った 父親の皆川学さんと祖父の皆川敏雄さんも参列し、献花を捧げた。

Next

優太ちゃん、どんなきゅうちに立たされようと、けっしてあきらめてはいけないことをあなたは身をもっておしえてくれました。 家庭を持って子供を育てる、それが一番の親孝行だ」とさらなる成長を願っている。 敏雄さんも「優太がいるおかげで頑張っていられる」。

「優太より大変な経験をした人もいるでしょう。

Next

土砂崩れで車ごと生き埋めになりながら、約92時間ぶりに救出された当時2歳の皆川優太君 12 同県魚沼市は、感謝の思いを胸に「自衛官とか人を守る仕事がしたい」と夢を語る。 主張する年ごろだ。

Next

敏雄さんとミハルさんは、東北で多くの子どもたちが親を亡くしたことに心を痛めている。 16日夕、優太ちゃんがミハルさんと共に保育園から帰ってきた。 だから君たちも頑張って」 新潟県魚沼市の自宅。

Next