社会 的 障壁。 障害者(ショウガイシャ)とは

つまり、 高機能自閉症をはじめ、 アスペルガー症候群、 学習障害 LD 、 注意欠陥多動性障害 ADHD など、知的障害を伴わない発達障害は、支援の対象外だったのです。

障害者はどんどん街に出て街に慣れる。 この法律は民間企業や国・地方公共団体に対して障害者を一定の割合で雇用することを義務づけたものである(障害者雇用率制度)。

Next

しかし再び自由に行き来できる日に向けて、一人でも多くの車いすの人が公共交通機関をためらわずに使える環境を、整えていく必要がある。 また、成人になってからの中途失明者、中途難聴者の場合のバリアも分ける必要もあります。 (3)文化・情報面での障壁 情報障害者といわれるのが、視覚障害者と聴覚障害者です。

読み書きが苦手な方のためには、スマートフォンやタブレットの音声読み上げソフトによって学習が出来るよう工夫されています。 大空小学校では、「すべての子どもの学習権を保障する」という理念を掲げ、「すべての子どもが安心できる居場所をつくる」ことを追求しています。

Next

一例を紹介します。 たとえば、「障害者の問題に社会として取り組んでいこう」というスローガン程度のものとして、この言葉を理解している人が多いのですが、こうした理解では「社会モデル」の本質はほとんど捉えられていないのです。

Next

「もっと前から余裕を持って進めればいいのに…」と周りの人は思いますが、いくら注意しても一向に改善しません。 2016年4月に施行された「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(いわゆる「障害者差別解消法」)では、「社会的障壁の除去」という文言が使われ、国や地方自治体に置いてはその除去を義務化し、民間事業者にも努力義務としています。 ここで、発達障害についても、その対象となることが明示されています。

Next

2.資格制限等による制度的な障壁。 障害のある方の権利を守ること、社会的障壁を取り除くための配慮をすること、国民に対して障害に対する理解を深める活動をすることなどが定められています。 第三章 行政機関等及び事業者における障害を理由とする差別を解消するための措置 (行政機関等における障害を理由とする差別の禁止) 第七条 行政機関等は、その事務又は事業を行うに当たり、障害を理由として障害者でない者と不当な差別的取扱いをすることにより、障害者の権利利益を侵害してはならない。

Next