キハ 130。 キハE130系一般形気動車

車種構成は次の通りです。 キハE130系とは、の一般である。 0番台のみ同系列との併結運転も可能である。

Next

2019年11月12日閲覧。

Next

8 、両側にを設け、運転台直後の計2か所に幅850 の片引き戸を設ける。 日高線以外似合わない様な塗装です。 運用の変遷 [ ] 内に放置されている キハ130-5 の廃車体 (公道上から撮影) 本形式は1988年(昭和63年)度に5両、1989年(平成元年)度に6両が日高本線に投入された。

Next

は前面・側面ともに式で、側面のものはとを交互に表示する。

Next

キハE131は運転台側に貫通ホロがない。

キハE130系一般形気動車 概説 JR東日本が水郡線で使用されていたキハ110系に代わる新系列車両として、2006(平成18)年より新製した一般形気動車で、捻出されたキハ110系は主に盛岡地区のキハ58系、キハ52形の置換に転用された。 全車両が新潟トランシスで製造された。 そのうちの一度はの前部を大破し、運転手は両足切断という大怪を負うというものであった。

洗面所の設置位置は郡山方で、この辺りの位置関係はも同様です。 0番台では最大で8両編成まで連結することが可能である。

Next