コモド オオ ドラゴン。 会いに行ける「ドラゴン」 コモドオオトカゲはどこまで危険?

関連記事• 世界で毒を持つトカゲの仲間はメキシコ北部に生息している メキシコドクトカゲ、テキサスの南部に生息している アメリカドクトカゲ、そして コモドオオトカゲだけとされています。 9月に斜面やの巣に穴を掘り、1回に10 - 30個の卵を産む。 縁は鋸状で、獲物の肉を切断できるように特殊化している。

Next

コモドドラゴンの数が急激に増えないように自然にそうなったと考えられています。 獲物からも必要としている水分のほとんどをとります。

Next

コモドオオトカゲは日本にいたことがある? 現在は日本の動物園などでは見ることができないコモドオオトカゲですが、かつては 東京の上野動物園、札幌の丸山動物園で展示されていたこともあります。 幼体は昆虫やヤモリ類などを食べる。

Next

5 狩りの際には獲物にばれないよう間合いを詰めたのち、喉や身体の下側に噛み付く。 ところが、2009年11月14日、ひとつの卵(産卵は4月)が無事孵化したという驚きの知らせがありました。 孵化直後の幼体は全長25 - 56センチメートル。

Next

島内には「コモド龍」と呼ばれる奇形の野獣が棲息する。

Next

水牛やジャコウネコ、ネズミや鳥も食しますし犬、猫や家畜を狙うこともあります。 による ちなみにコモドドラゴンは代謝が遅いため、成長した大きな個体であっても1年に12匹のヤギを仕留めるだけで生き残れるようだ。

Next

1912年になりジャワ島に持ち込まれた2頭の成体と1頭の亜成体を基に記載された。 持ち前の出血毒によって獲物がショック死するのを待つためだ。 だが、移動しないことが長期的に見て彼らの生存にとって有利かと言われると、疑わしい。

Next