トローチ 穴 意味。 トローチなどの飴の穴はなぜあるのか

成分は殺菌剤系(臭化ドミフェン、塩化デカリウム、クロルヘキシジン)、抗生物質(テトラサイクリン、フラジオマイシン、グラミシジン、バシトラシン)、局所麻酔剤(アミノ安息香酸エチル)など。 噛み砕いてしまうと、薬剤が溶けきらないまま飲み込んでしまう可能性があります」 トローチをなめていると、思わずかみ砕いてしまうことがある。

Next

それでは正しい服用方法を説明していきます。 デカリニウムは陽イオン界面活性剤である。

Next

主に、抗生物質が入ったものと殺菌剤が入ったものに分かれる。

Next

どんなリスクがあるのかと尋ねると、かみ砕くと「薬剤の効果を十分に得られず、治癒が遅れます」とのことだった。

Next

ドミフェンは陽イオン界面活性剤で脂肪を可溶化し蛋白質を変性させる性質がある。

Next

え~?!それは怖いです!! そして、もしもうっかり飲み込んでしまっても…トローチに穴が空いていると呼吸ができ、窒息の危険性が減るのだ! 実際、初期のトローチにはなかった 穴を空けるようになってから、 子供や年配者の誤飲窒息事故が減ったのだ。 その名のとおり、に穴があいているのが特徴だ。 ギリシャ語の円盤、車輪を意味する「トロコス」に由来するそうです。