とうもろこし 育て 方 プランター。 【初心者】とうもろこしの栽培・育て方のコツ(プランター栽培から失敗しないコツ)|【簡単】家庭菜園の始め方と初心者におすすめグッズ

そのため雄花を取り除く必要があります。 葉面積と根量が増加し樹勢維持に役立つ。

Next

鉢底には石を敷いて水はけを良くしましょう。

Next

人工受粉 人工受粉と聞くと難しそうですが、やり方はいたって簡単です。

Next

気温が低いと発芽の日数が遅れます。 トマト トマトも背丈が高いので、混植するとお互いが日陰を作ってしまいます。

Next

トウモロコシの害虫対策 トウモロコシ栽培の最大の敵は害虫による食害です。 穂は雄花(おばな)なので、穂が枯れ出したら花粉が飛びだしますが、トウモロコシは雌雄同株(しゆうどうしゅ)という性質をもっているので、穂(雄花)と実(雌花)は別々にできます。

・ 土が乾いたのを確認してから水をあげる時には、 プランターの底から水が流れ出るくらいたっぷりあげるのがコツです。 意外にも簡単ですので、とうもろこしの育て方をマスターして、 自宅で美味しいとうもろこしを育てちゃいましょう! まとめ とうもろこしの育て方7つのステップ ・日当たりの良い場所と道具を用意する ・種まきの時期はポットが4月頃。

手でつかんで、折り取るように収穫してください。 トウモロコシ栽培には実野菜用の用土がおすすめです。 穂がでてきます タネが発芽してから1カ月くらい経過すると茎の先端から穂がでてきます。

Next