去年 の 灯油 使っ て 大丈夫。 灯油は去年の残りを使えるの?使うとどうなの?危険なの?

去年の灯油が残っていた時の対応方法について 石油ストーブや石油ファンヒーターの 取扱説明書には 古い灯油は燃やさないで下さい と書かれています。

それならば、使ってしまった方がいいのでは?と思う人もいるかもしれません。 その水滴が灯油に混じってしまうと、 不純灯油になってしまい使っていくことができません 灯油から刺激臭がする 灯油っていうのは、もともと臭いにおいがしますが その臭いが強烈だったり、目がしみるような臭いだったりなど 灯油から刺激臭がする時は、その灯油は劣化してしまっているので使うことができません コップに入れると黄色く変色している 灯油は透明ですが、透明なコップなどに入れて灯油が少しでも黄色く変色してしまっているとその灯油は使うことができません 何カ月もポリタンクの中に保管していることによって、紫外線などの影響によって灯油が変質してしまっています。

Next

これらから守られた状態で 保管されれていれば 1年位の保管の場合なら それほど変質は進まないものです。 スポンサードリンク 去年の灯油を使う場合の注意点 去年の灯油が、ポリタンクの底に少量残っている場合 残っている量が、数センチくらいであれば 新しい灯油と混ぜてしまうのが、一番です。 この灯油の検査キットを使って、茶色く変色すると 「この灯油は変質しているため使えない」ということがわかります。

Next

容器の保存環境にもよりますが、保存しているタンクの中の空気にも水が含まれる為、どうしても水が混ざってしまいます。 そして、ついポンプを挿しっぱなしにして、 蓋を開けたままにしがちですが、 しっかり閉めるようにしてください。 新しいものに混ぜたからといって、変質灯油の質が元に戻るわけではありません。

Next

古い灯油が薄められて問題なく使えます。 灯油を車の中でこぼしてしまった時の綺麗な取り方や、臭いにおいを早く消していく方法などについては、コチラの記事に書いてあります。 水が混入した灯油を使用した時、ファンヒーター又はストーブの内部が錆びることだってあるそうです。

Next

灯油は変容すると、 タールと称される燃え難い成分が生じます。

Next