クリーム ソーダ ピンク ドラゴン。 ドクロマークの長財布、原宿の伝説クリームソーダとブラック・キャッツ

そしてブラック・キャッツは82年の夏、ビルボードでNo. 父はイギリス人、母は日本人。 名もなき道に名前もつけた。

Next

リーゼントに派手な50sファッションで身を包んだ店員たちは皆優しく、ブラック・キャッツのメンバーたちも例外ではなかった。

Next

迎合しない、セールもやらない、流行は無視、だからこそ、その商品は常に輝き、時間が経つほどに価値を増す。 ENDに龍神が潜むと伝えられる「ピンクドラゴン(龍之紅粉)」ビルがオープンしました。 1968年、伴晋作とライブハウス「怪人二十面相」を新宿にオープン。

Next

上京し、生涯の相棒と出会い、無一文から〈クリームソーダ〉という髑髏系宇宙を築きあげた。 THE KING KING OF ROCK'N'ROLL-ELVIS PRESLEYをこよなく愛しその思いを込めて作られるこだわりの作品群は、全てのロカビリーファンの憧憬を誘う。

Next

東洋エンタープライズ 戦後まもなくスカジャンを作り始め米軍PXへ納入。

Next

そんな店員たちに全国のツッパリ少年は心底憧れた。 80年代のクリームソーダの店員たちは、真のカリスマ店員だった。

Next

何も欲せず、何も望まなかった。 服作りのみでは終わらず、伝説のロカビリーバンドーブラックキャッツBLACK CATSーをはじめ、ブルーエンジェル・BLUE ANGELーマジックMAGICーキャンディ・CANDYーなど多数のロックンロールバンドを輩出するなど、音楽や出版のメジャー展開も積極的に行う類まれなるカリスマブランドである。 連日開店前から、学生服姿の修学旅行生が群れを成す。