メイン テーマ は 殺人。 「このミス」第1位に相沢沙呼『medium 霊媒探偵城塚翡翠』 海外編は『メインテーマは殺人』

霊視と論理が補完しあう特殊設定推理の連作で、随所に散りばめられた伏線が多くの読者を唸らせている。 扱うのは、自身の葬儀の手配を済ませた数時間後に絞殺された資産家の老婦人の事件。

Next

ミステリ王道路線となるのかもしれない。 その後、、大阪、そしてと舞台はうつっていく。 一度口を閉じたら二度と開かない。

Next

双子の父親のアランは家を出て、今では母親のジュディスとジェレミーの二人暮らし、ジェレミーの世話は事故の前から子供たちの面倒を見てきた乳母のメアリがしています。

Next

もちろん、 一読者として事件の行く末を見守るのも楽しいです。 何も考えずに見ると、立ち位置としては有栖川有栖が近いのだろうか。 1984年の邦画で2位。

Next

ミに次ぐミと謎の回収、という枠組みが最後まで貫かれていたのは個人的に好みの展開である。

Next

次の仕事にかかろうとしていた矢先、ホーソーンが現れた、というところから虚構となる。 アンソニー・ホロヴィッツと言えば昨年の「カササギ殺人事件」を挙げるべきなのかもしれませんが、私にとってはどちらかと言えば「007 逆襲のトリガー」の作者と言えますね。 パズラーですから、いつものようにストーリーの詳細を書くことはできませんね。

Next

スポンサーリンク 感想 作家・アンソニー・ホロヴィッツのもとに、刑事ドラマの脚本を担当した際に知り合った元刑事・ホーソーンから提案を受けます。 これまで架空の作品を手掛けてきたホロヴィッツは一度この件を断りました。

リアリティを出すためか、実在する固有名詞がたくさん登場。 警察の顧問(コンサルタント)として独自に捜査を行うというからまさにホームズそのもの。