年賀状 きめ つの 刃。 『鬼滅の刃』全23巻読破は年賀状印刷の最強の“お供”!? 辛坊治郎がそのワケを熱く語る(ニッポン放送)

私の家族の誰かがですね、(コミックの)『鬼滅の刃』を全巻持って帰省をしてきたのです。 。

20枚くらいまでしか印刷しないという人はそれでいいのですけれど、例えば何百枚のオーダーを家庭のプリンターで印刷しようと思うと、入るのが20枚くらいまでしか入らないのですよハガキが。

Next

だもんで、私の家には『鬼滅』の23巻全巻あるのです。 年賀状の由来 年賀状の由来としては、古くから日本では、年が明けると目上の人ところへ出向いてご挨拶をする風習がありましたが、遠方に住んでいてご挨拶ができない方に、手紙でのご挨拶として新年への思いと感謝の気持ちを込めて送るようになりました。 辛坊)『鬼滅』はかなり調子がいいですけれども。

目の前に23巻があるのですが、この年で読む気力を出すのが大変なのです。 増山)時間かかりますよね。

増山)そこでだ。 辛坊)一気に13巻までいきました。

Next

で、年賀状書きで、家庭用のプリンターであの年賀状を印刷するときになにが1番困るのかというと、入らないのですよ枚数が。 そうすると、プリンターの横に付きっきりにならなければいけない、どこにも行けないし、なにも出来ない、というタイミングで。

増山)あら。 増山)はいはい。 年賀状に関する記事を集めた「」では、年賀状を作るとき、贈る時のマナーや意外と知られていない豆知識をご紹介しています。

Next