ペット フード ストッカー。 ドッグフードの正しい保存方法は?容器はどこで買う?保存場所は?|ドッグフードのおすすめは?安全な犬の餌を完全比較!

フードの保存方法は封を開けたら専用のストッカーに移し替えてなるべく空気に触れないようにし湿気から守るだけでなく酸化を遅らせるのがよいです。

Next

使いやすさ・手入れのしやすさで選ぶ ドッグフードの保存容器は、犬の食事の時に毎日使うものです。 近隣にペット用品店などの取り扱い店舗がなく、お目当ての商品の入手が困難な方や、忙しくてなかなかお買いものに行けないときでも、宅配業者を通じて商品が直接ご自宅へ届く通販でしたら、手軽にご購入いただけますよ。 1 意外な密閉性の高さ!スタイリッシュで部屋においても違和感なし 密閉性は抜群も、使い勝手の面で評価を下げた 取り出しやすく洗いやすい。

Next

できればフードストッカー・容器は蓋の付いた真空状態にできるタイプがおすすめです。 予めご了承ください。

Next

中型犬や小型犬の場合は3kg前後のドッグフードが多いので、10Lくらいの保存容器が便利です。 お使いのモニターや撮影時の光の加減などにより 画像と実際の商品のカラーが若干異なる場合もございます。

Next

フードは上から入れ、下に出ていくので、古いものから使っていくことができるのです。 中にはそのままドッグフードの袋を輪ゴムでとめているという人もいますが、空気に触れやすいのであまりおすすめできない保存方法です。

Next

水分量が変わってしまいますし、それが質の変化につながります。 大切な愛犬のごはんだから。 ドライフードは酸化しても見た目ほとんど変わらないんですよねぇ。

Next