赤木 スラムダンク。 【スラムダンク】赤木剛憲の大学の推薦は何故なくなったのか

ただし、君は全国的には全くの無名の選手だ 私の周りの人間を納得させるには全国での実績が必要になる 今ここでプレッシャーをかけるつもりはないが、赤木君……!! ベスト8を狙ってくれ!! また、深体大の杉山も高校時代は3年生の夏に全国デビューをした遅咲きの選手でした。 このセリフはIH予選前、ライバル陵南高校との練習試合前に花道に言ったもの。

Next

そして赤木剛憲は彩子の静止を振り切り、テーピングを巻くように指示します。 赤木はもう1人ではありません。 しかし、試合終了間際に木暮が3ポイントを決め、さらに立て続けに桜木花道がリバウンドからのダンクシュートを決め、湘北高校は陵南に見事勝利しインターハイ出場を決めました。

普段は落ち着いていて、学校の授業も真面目に受けています。 来客の理由は、深体大が赤木を推薦したいというもの。 対立してばかりだった両者。

Next

試合当日、観客席は山王一色でした。 湘北の猛追を受けた山王は、試合の流れを止めるべくタイムアウトをとります。

Next

採用支援の企業数も序々に減っていき、少し時間が空くことも増えてきて、悪い意味で余裕ができてしまったのです。 赤木「やっぱり……ここにあったか、これを忘れるとは」 赤木がいた隣の教室では、男子生徒2人と女子生徒2人が雑談していました。

Next

彼の花道に対する信頼がストレートに表れた、作品の佳境を飾る感動的な言葉です。

この言葉に乗せられた花道は、後に類いまれなリバウンドの才能を発揮するようになります。

Next