療養 担当 規則。 保険診療等において不正診療や不正請求が行われた場合の取扱いについて/中国四国厚生局

この場合において、当該特定承認保険医療機関である病院又は診療所は、第二条による改正前の保険医療機関及び保険医療養担当規則第五条の二第二項に規定する高度先進医療として厚生労働大臣の承認を受けた療養に関して、当該療養に要する費用の範囲内において健康保険法 大正十一年法律第七十号 第八十六条第二項又は第百十条第三項の規定により算定した費用の額を超える金額の支払を受けることができるものとする。

01 施行• レセプトを提出する前に、病名漏れや算定ルールの誤り等はレセコンの中の、「レセプトチェッカー」の仕組みを活用して、できるだけ提出前にチェックできるようにするのもひとつの手だと思います。

保険医療を担う医療機関が守るべき定めについて、全24条で定められており、保険医療を行う際の約束事です。

健康保険法第72条(保険医又は保険薬剤師の責務) 保険医療機関において診療に従事する保険医又は保険薬局において調剤に従事する 保険薬剤師は、厚生労働省令で定めるところにより、健康保険の診療又は調剤に当たらなければならない。 今後とも、不正に療養費を請求する行為については、厳正に対処し、行政としての役割を積極的に推進してまいります。

Next

患者がどんなに望んでも、学会が最先端医療として有効であると発表されていても、「保険診療」として認められていない治療法や検査等は、レセプト請求はできないことを意識する必要があります。

Next

第1条に療養の範囲=保険診療の範囲 として定めており、 一 診察 二 薬剤又は治療材料の支給 三 処置、手術その他の治療 四 居宅における療養上の管理及びその療養に伴う世話その他の看護 五 病院又は診療所への入院及びその療養に伴う世話その他の看護 とあります。 健康保険事業 健康保険事業 船員保険事業 第三条第一号 健康保険法 大正十一年法律第七十号。 2 保険医療機関は、事業者又はその従業員に対して、患者を紹介する対価として金品を提供することその他の健康保険事業の健全な運営を損なうおそれのある経済上の利益を提供することにより、患者が自己の保険医療機関において診療を受けるように誘引してはならない 以前から在宅診療所に対して、在宅患者を紹介する事業者の存在が問題視されていましたが、今回の改定で明確に禁止されることとなりました。

Next

をいう。 また、保険診療では、「 懇切丁寧に療養の給付を担当しなければならない」こと、 患者の療養上妥当適切なものでなければならない」ものとされていることも意識しましょう。 ここでは主なものを見ていきましょう。

Next

1.家庭事情等で、退院困難 2.不行跡により事故 3.指揮に従わない 4.詐欺等に不正により、療養又は受けようとした。

Next