エクセル 日付 引き算。 日付を加算または減算する

単純に考えれば、データ数分だけ引き算を入力していけば良いのですが、エクセルの機能「相対参照」によりまとめて引き算することができます。 年は無視して、1年以内の日数を表示。 この例のように、3 つの計算はすべて 1 つのセルに入力できます。

Next

日付に対して日、月、年の組み合わせを加算または減算する この例では、開始日から年、月、日を加算および減算し、次の数式を使用します。 2つの日付には必ず古い日付と新しい日付があります。 エクセルでは自動的に参照しているセルをずらしてくれるので、D2セル(B2-C3)をコピーしたらD3にはB3-C3、D4にはB4-C4がペーストされます。

Next

エクセルではそんな日付に関する計算も効率よくできるよう様々な関数が用意されています。

Next

まずは3日後の計算です。 新着記事で探す• 表をながめて、確かに期間が表示されているのを確認してください。

Next

全角ではなく半角で入力してください。 仕事をしていると、どちらのパターンも必要になることがあるでしょう。

Next

とても便利な機能ですね。 1年後を求めたい場合はこのようになります。

Next

月を減算する必要があるかどうかを示すために、数値の前に負符号 - を入力します 例: -1。 その他の日付と時刻の計算 4. 土日がお休みの会社であれば、この関数を使って土日を除いた日付を求めることができます。 最初に説明したとおり、エクセルでの引き算記号は、算数で勉強する四則演算の引き算と同様で「-」マイナスの半角記号を使用します。

Next