鉄道 ひとり 旅 女子 鉄 編。 鉄道ひとり旅

谷野英之(たにの ひでゆき) 新鉄子第21旅に登場。

Next

第13旅 - 初めての絶叫 - 、• 作者が菊池から、連載開始当時19歳で在住のほあしかのこへ引き継がれた。 第9旅 - 南阿蘇鉄道の駅巡りwithほあしさん - (乗車区間・中松~高森) 小学館の『』編集者に熊本県出身者がいて、郷里の近くを走る南阿蘇鉄道が震災にあってから1年、当人の提案で、部分復旧はしたものの応援するための「寄せ書きトレイン」企画をすることになった。 「編集も女性というのはどうか」との提案は(IKKI編集長に)却下された。

Next

第1旅 - 全駅乗下車 ある日、キクチはイシカワから旅マンガの連載を勧められ、快くOKする。

第6旅で2代目のカミムラに交代した後も自費で旅行に参加することがある。 旅3 - 江ノ電おすすめデートコース キクチ考案の塗色に変更された 銚子電鉄デハ1002 (商品付属の模型の車両とは異なるが、外箱にはこの車両のイラストが描かれている)• だが次第にほあしたちは、この旅の行程に疑問を持ち始める。

Next

都道府県単位だと、沖縄・大分・佐賀・愛媛・鳥取・兵庫・福井・栃木と、西日本ではかなり未踏破地帯が多い(高知県は菊池カラーセレクションに掲載、それに通過した県を加えると、未踏破地帯は沖縄・愛媛・福井のみとなる)。

Next

- 、 横見は、豪雪地帯を走る只見線に大雪警報の出ているときに行きたいと言い出す。

Next